2.13 おわりに

 表2にこれまで得られたプラズマパラメータをまとめた。電子温度の最高値としては電子密度が5×1018m-3以上のショットのものを選んである。平均べータは既に目標値5%の約1/2に、また、核融合三重積は目標値1×1020keVm-3sの1/5まで到達している。今後、加熱パワーを増力してより温度の高いプラズマを目指すとともに周辺部を制御して閉じ込めの改善を目指す予定である。

表2-2 これまでに得られたプラズマパラメータの最高値

Te Ti τE Pabs ne
High Electron Temperature
High lon Temperature
High Coufinement
4.4keV
3.3keV
1.1keV
2.7keV
3.5keV
-
0.06s
0.09s
0.3s
1.8MW
3.9MW
2.0MW
5.3×1018m-3
1.0×1019m-3
-
nτT=2.0×1019keVm-3s
Maximum Stored Energy Wp=0.88MJ
Highest Beta <β>=2.4% at Bt=1.3t
Maximum Density 1.1×1020m-3



戻る




Copyright © 1995-2018 National Institute for Fusion Science. All rights reserved.

このページに関するお問い合わせは までお願いします。