3.4 ポロイダルコイルの励磁特性

 ポロイダルコイルの励磁特性を図3-3に示す。図示した値は、6回路を励磁したときのIV, IS, 0Vコイルの電流最大値の13.6kA, 13.7kA, 19.0kA、およびIV-Lコイル単体の電流最大値の20.8kA、交流損失測定のときのIV-LUコイルの15.6kA、IS-LUコイルの15.3kAである。これら電流値は全て超伝導状態で得られたものであり、IV, IS, OVコイル用短尺試料臨界電流特性はかなり余裕をもつことが分かる。

図3-3 ポロイダルコイルの励磁特性



戻る




Copyright © 1995-2018 National Institute for Fusion Science. All rights reserved.

このページに関するお問い合わせは までお願いします。