6 おわりに

 本報告書は平成11年度の大型ヘリカル研究部の研究成果をまとめたものである。

 それ以前の大型ヘリカル研究部の研究成果については、「大型ヘリカル装置(LHD)計画 平成元年度〜平成10年度 -LHDの建設と初期実験の成果-」にまとめられている。これは、1999年3月に研究組織等改善調査委員会LHD部会の討議を経て評価を受けたものであり、平成元年の研究所創設以来の成果の記述がなされている。

 本報告書には、第3サイクル実験を中心としたLHDの成果や理論・支援実験の成果が述べられており、研究組織等改善調査委員会のための全体冊子「核融合科学研究所活動報告書 平成元年度〜平成11年度 -現状と展望-」の詳細添付資料に相当する。これまでにLHDでは従来の閉じ込め則を凌駕する閉じ込めの良いプラズマが得られており、今後のLHD実験の更なる発展に期待が寄せられている。




戻る




Copyright © 1995-2018 National Institute for Fusion Science. All rights reserved.

このページに関するお問い合わせは までお願いします。