大型ヘリカル装置(LHD)計画
- 最近の成果 -

平成11年度

はじめに
2 LHD実験成果
2.1 概要
2.2 プラズマ放電の改善と蓄積エネルギーの上昇
2.3 NBIスタートアップと高β放電
2.4 高温プラズマの達成
2.5 加熱実験
2.6 磁気面計測
2.7 エネルギー閉じ込め時間
2.8 MHD不安定性
2.9 周辺輸送障壁
2.10 径電場測定
2.11 ダイバータ熱・粒子分布
2.12 長時間放電
2.13 おわりに
3 LHD装置試験成果
3.1 第3サイクル実験における装置試験成果の概要
3.2 緊急減磁時の発生電圧
3.3 電磁力支持構造物の歪
3.4 ポロイダルコイルの励磁特性
3.5 ヘリカルコイルの励磁特性
3.6 ヘリカルコイルの冷却安定性
4 理論研究成果
4.1 LHDに関連する理論データ解析の研究
4.1.1 はじめに
4.1.2 磁場構造、平衡やMHD安定性
4.1.3 新古典輸送理論とプラズマ加熱
4.1.4 微視的安定性と乱流輸送
4.1.5 電場分岐と改善閉じ込め
4.1.6 ダイバータと磁気島、燃料補給
4.1.7 種々のヘリカル配位
4.1.8 幅広い展開
4.2 プラズマ物理理論の研究
4.2.1 プラズマの特性と求められるプラズマ物理
4.2.2 非平衡系の不均一プラズマ研究
4.2.3 電場界面と構造形成・分岐
4.2.4 乱流状態の統計カ学
4.3 終わりに
5 CHS実験成果
5.1 ポテンシャル分布の分岐
5.2 自発的トロイダル回転
5.3 電場の新古典理論との比較
5.4 計測用中性粒子モジュレーションビームを用いた荷電交換分光(Dig-Dag法)の開発
5.5 CHSの土岐サイト開発実験棟への移転
5.6 CHS後続装置の検討
6 おわりに




Copyright © 1995-2018 National Institute for Fusion Science. All rights reserved.

このページに関するお問い合わせは までお願いします。