3.1.6 超伝導性能実績

 図3-1-6-1、3-1-6-2にロードライン、表3-1-6-1、3-1-6-2にこれまでの達成性能をそれぞれヘリカルコイル、ポロイダルコイルについて示した。達成性能は通電電流、最大磁場について示している。ヘリカルコイルについては、すでに設計値の90%近くの性能を達成している。ポロイダルコイルについては、第2期を基準に設計したため、現在は60%程度の性能を達成していることとなる。ただし、下側垂直磁場コイル(IV-L)については、単独での試験をすでに完了しており、通電電流で100%の性能を達成している。現在までにLHDコイル系全体の磁気蓄積エネルギーは710MJに達している。

表3-1-6-1 ヘリカルコイルの達成性能
設計値 達成値
通貨電流(kA) 13.0 11.4
最大磁場(T) 6.9 6.1
図3-1-6-1 ヘリカルコイルのロードライン
表3-1-6-2 ポロイダルコイルの達成性能
設計値 達成値
OVコイル
通過電流(kA)
最大磁場(T)

31.3
5.0

1.86
3.0
ISコイル
通過電流(kA)
最大磁場(T)

21.6
5.4

13.7
3.5
IVコイル
通過電流(kA)
最大磁場(T)

20.8
6.5

13.2
4.2
図3-1-6-2 ポロイダルコイルのロードライン


戻る



Copyright © 1995-2018 National Institute for Fusion Science. All rights reserved.

このページに関するお問い合わせは までお願いします。